top of page
  • 執筆者の写真多田 雅充

勉強会

M’sデンタルクリニック院長の多田雅充です。


ここ最近の天候の影響か新型コロナ感染者の増加の影響なのか、体調を崩されている患者様が増えているように思います。


今年の夏は「ラニーニャ現象」の影響で例年より暑くなるようですので、みなさま体調管理にお気をつけて下さい。


さて、現在私が所属している東京のスタディーグループで毎月1回勉強会を開催していまして、毎月参加させていただいております。


その為、毎月1回勉強会の日は休診とさせていただいております。


今月も22日に勉強会に参加してまいりました。


今行っている内容は「総義歯・総入れ歯」です。



講師の先生の熱のこもった講義を受け、もっと向上しなければと毎回刺激をいただいております。


この画像の内容は、「多くの総入れ歯は理想とされている形よりかなり小さく作られてしまっており、真の総入れ歯の形をいかにして作製するか」という内容の講義です。


小さい入れ歯は患者様には最初は受け入れやすいのですが、痛い・外れやすい・噛みずらいといった症状が出てしまいます。


真の入れ歯の形はある程度の大きさがありますので、うまく作らないと患者様は入れるのが大変なのです。


真の入れ歯を患者様に受け入れていただくには、いくつものステップがあります。


勉強会で得たことを治療を通して皆様に還元できますよう頑張ってまいります!

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page