くまちゃん歯医者さん_MG_9714.jpg

M's 掲示板

  • 多田 雅充

前回紹介しました「Ⅾファインダー」に加えて「ダイアグノデント」という器械を


使い、目には見えない初期の虫歯の診断を行っております。(大人の方にも使います。)


「ダイアグノデント」の正式名称は光学式う蝕検出装置、簡単に言えば「虫歯発見器!」


昔は探針という細い器具で歯の溝をグリグリして穴が開いてないが確認していた時代もあり


ましたが、これでは健康な歯質にダメージを与えてしまいます。


ダイアグノデントは歯に全くダメージを与えずに検査することができます。

※前回の(Ⅾファインダーもダメージ歯にを与えません。)




このように虫歯の疑いがある場所に当て、レーザー光線の反射を解析して


歯の溝の奥の状態を確認することができます。


もちろんすべての虫歯を発見できるわけではありませんので、


「視診」、「レントゲン撮影」、「Ⅾファインダー」を使い分けながら診断を行います。


開業当初からダイアグノデントを使っておりますが、虫歯の発見には大きな力を


発揮してくれております。





閲覧数:9回
  • 多田 雅充

「奥歯の溝が茶色い!虫歯かも?」


もちろん虫歯の可能性がありますが目で見えているのは歯の溝(裂溝)の表面だけです。


①着色しているだけかもしれません。


②エナメル質の浅い虫歯かもしれません。


③象牙質への深い虫歯の可能性もあります。


① ② ③は目で見ただけでは分りません!


歯に穴が開いてからでは既に虫歯が進行しているため、早期の診断が重要になります。


ではどうやって① ② ③を診断するのか?


当院では「Dファインダー」と「ダイアグノデント」という器具を用いて


目に見えない奥歯の溝のさらに奥の状態を診断します。


まずは「Ⅾファインダー」


Ⅾファインダーは直径0.1mmのとても細いステンレス製の器具です。



このⅮファインダーを歯の溝にそぉーっと入れます。針ではないので痛みはありません!


何ミリ入るのか、入れた時に手に伝わる硬さで溝(裂溝)の底の状態が分かります。


見た目に何ともない歯でも、Ⅾファインダーが2mm以上入って柔らかさが感じられて虫歯


が発見された!ということは結構あるのです。


普段の定期健診での検査、早期診断で子供たちの歯を守ります。




閲覧数:8回
  • 多田 雅充

9月より、日曜日休診隔週変更させていただきます。

8月までは、第2・第4日曜休診です。

日曜日の診療は、受付のカレンダー、ホームページにて、ご確認お願いいたします。

閲覧数:94回