top of page
  • 執筆者の写真多田 雅充

歯周病の悪化で認知症に?

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症としてギネス認定されている

世界で最も蔓延している病気です。

この歯周病が認知症の進行に関与しているというのです。

認知症の7割を占めるのが「アルツハイマー型認知症」です。

脳の神経細胞が減っていく病気ですが、アミロイドβというタンパク質が脳に蓄積されていくことで発症することが分かっています。


ある研究では、「歯周病菌を投与したマウスはアミロイドβが通常の10倍に増えた」という研究結果が報告されています。


これを前向きに捉えますと、歯周病を常に予防していれば認知症の予防にもつながるということです!


歯周病は予防できます!

毎日の歯磨きと定期的な歯科健診が大切です。




閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

勉強会

Comments


bottom of page